本文へ移動

稲荷山より

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

水無月

2017-06-30
カテゴリ:祭典行事
京都の6月30日といえば 夏越の祓とこの「水無月」。ういろうの上に小豆を乗せた和菓子です。
昔宮中では6月30日に 献上された氷室に蓄えた天然の氷を食べ暑気払いをしましたが 庶民には氷が手に入らないため 氷に似せたお菓子を作ったのが水無月の始まりと言われています。
また小豆には厄除け、魔除けの力があるとされたことから 夏越の祓と共に京都の夏に欠かせないものとなったようです。
かき氷も美味しいけれど 伝統の行事菓子も大切にしたいですね。
 

 

紙垂を取り替えました

2017-06-29
カテゴリ:その他,月並
荒木神社では 毎月月末に紙垂(しで)を取り替えます。
紙垂とは注連縄に取り付けた 紙を折ったものです。紙でできているので 一ヶ月も経つとよれっとしてしまうのです。新しい紙垂はシャキっとして気持ち良くお1日を迎えられます。
 
外国の方に紙垂とは何か質問されることがあります。「聖域の印」とお答えするのですが ふと何故このような形なのかと思い調べてみました。
ウィキペディアによると
「落雷があると稲が育ち豊作なので、紙垂は、雷光・稲妻をイメージし、邪悪なものを追い払う。」 とありました。
そう言われると似てますね。
稲妻という言葉も 稲の結実時期に雷が多いことから来ているようですし 日本の生活に稲がいかに大切であったかがわかります。

お花を生け替えしました。

2017-06-29
カテゴリ:月並
お不動さんと弘法さんのお花を生け替えました。
素晴らしく立派な蘭と百合の花ですが これは大阪の信者さんが奉納してくださったもので 実は全部造花です。
これからの季節 京都は連日30度を超え 時には40度近い暑さになるため 生花は一日と持たなくなるので 管理が大変でしょうと奉納してくださいました。
 

茅の輪を作りました

2017-06-27
カテゴリ:祭典行事
今日は茅の輪を作りました。
茅(かや=ススキ)を束ねて大きな輪を作り この輪をくぐることで厄を祓い健康に過ごせることを願います。
毎年恒例行事なので2時間あまりで出来上がります。今日は曇り空だったので 暑すぎず作業もはかどりました。
出来上がった途端 参拝に来られていた方達が輪をくぐっておられました。くぐり方を絵で描いて貼ってあるので 外国の方達も興味津々で輪をくぐっては写真を撮って 日本の伝統行事を体験されています。

茅の輪の作り方

カテゴリ:祭典行事
芯に茅をくくり付けます
もう一度上から紐でくくりまとめます
太い茅の束ができます
支柱に取り付けます
形を整えて固定します
注連縄を張って出来上がり
荒木神社
〒612-0805
京都府京都市伏見区深草開土口町12-3
TEL.075-643-0651
FAX.075-644-0170
TOPへ戻る