本文へ移動

令和元年 夏越祭ご案内

夏越祭 茅の輪くぐり神事ご案内

 
 
 
夏越祭(なごしさい)
  茅の輪くぐり神事 
   7月7日(日) 午後1時より
 

夏越祭 茅の輪くぐり神事について

神代の昔 スサノオノミコトが旅の途中 巨旦将来(こたんしょうらい)、蘇民将来(そみんしょうらい)の兄弟にに宿を求めました。裕福な巨旦将来は宿を断りましたが 蘇民将来は貧しくとも手厚くもてなしました。 その後スサノオノミコトは再び訪れ 茅の輪を造り身に着けていれば災いを避けられると 蘇民将来に茅の輪を授けました。そして疫病が流行したとき巨旦将来一家は病に倒れましたが 茅の輪を身に着けていた蘇民将来一家は助かりました。
この古事にならい 茅には神聖な植物として 穢れをとり心身を清める威霊があるとし 6月の終わりに 息を吹きかけ厄をうつした人形を持って茅の輪をくぐり 祓い除けを行い やがて来る猛暑にも無病息災を祈願する神事としました。
 

茅の輪くぐり神事

本殿前にて 参列者全員で「大祓」を唱え 次に切麻(きりぬさ=麻と紙を細かく切ったもの)を肩にふりかけ 身を清めます。
それから「水無月の夏越の祓いする人は・・・・」と唱えながら 人形を持った神職を先頭に茅の輪を三回くぐります。

夏越祭 人形申込について

右見本の人形(ひとがた)に各自直筆にて 氏名、年齢を書き 3回息を吹きかけ申込封筒に入れて 事前にお申込みいただきます。
祭当日、神事の時 神職が人形を持って茅の輪をくぐります。
人形を申し込まれた方には 各家庭に1年間吊るす 茅の輪を授与いたします。
 
 人形申込料 1世帯につき 2,000円
 

夏越祭幣帛(お供え)について

本年、夏越祭に幣帛1万円以上奉納していただいた方には
 京都宮井
  「別誂え桐竹鳳麟文卓布」(28㎝×58㎝)を授与いたします。
 
「桐竹鳳麟文(きりたけほうりんもん)」とは
瑞鳥である鳳凰と霊獣麒麟に桐と竹を配した 天皇の着衣に使用される特別な有職文様です。
令和の時代の始まりを記念してテーブルセンターに仕立てました。

案内状のお申し込みについて

家庭用茅の輪
ご希望の方に夏越祭案内状及び人形をお送りします。
諸事情により参拝が難しい方は 郵送による御祈願も受付いたします。
案内状申込フォームよりお申込ください。
 
案内状申込フォームよりお申込いただきますと 案内状と人形(5体)、人形申込返信封筒、郵便振替用紙をお送りします。(ご家族6人以上の方は人数を備考欄にお書きください。人数分の人形をお送りします。同居のご家族で1世帯とします。)
 
人形に各自直筆で記入し(直筆が無理な方は代筆で結構です)3回息を吹きかけ 切手を貼った人形申込返信封筒に入れて 神事前日までに当神社に届くようにお送りください。人形申込料、幣帛(お供え)は郵便振替にて送金してください。
参拝の方には 7月1日より家庭用の茅の輪を授与いたします。
参拝できなかった方には 神事終了後、1週間前後に茅の輪をお送り致します。
 
 案内状申込
TEL. 075-643-0651
荒木神社
〒612-0805
京都府京都市伏見区深草開土口町12-3
TEL.075-643-0651
FAX.075-644-0170
TOPへ戻る