本文へ移動

稲荷山より

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

京都も雪化粧

2019-01-27
カテゴリ:自然 
全国的に大雪となった週末ですが 京都も雪が積もりました。幸い参道に積もった雪は 朝には溶けていて滑る心配も無く 犬達と一緒に四ツ辻まで早朝の散歩に行って来ました。雪が降ると街の音が静かになって いつもと違う雰囲気です。四ツ辻や途中の道では可愛い雪だるまが お参りの方達をお出迎えしてくれていました。私も帰ってから 雪ウサギと雪キツネを作って見ましたが お昼前にはすっかり溶けてしまいました。
四ツ辻からの景色
四ツ辻から少し下がった所
雪うさぎと雪キツネ?
神社も雪景色

おさるの親子

2019-01-25
カテゴリ:自然 
昨年12月に撮影 今は子猿が少し大きくなっています。
昨年から稲荷山に親子の猿が現れるようになりました。群れとは離れて行動しているようです。子猿はとっても可愛いのですが 野生の動物なので あまり近づき過ぎるのは良くありません。
近所の梶亭さんでは お店に入ってきて お客さんが要るにもかかわらず 戸棚を開けてお菓子を持って行ったそうです。人の多いお正月には姿を見なかったのですが 最近また姿をよくみるようになりました。
猿に出会っても近づかないように 子猿には特にご注意ください。親が子供を守ろうとしますので危険です。この猿たちを守るためにもお願い致します。

春の兆し

2019-01-23
カテゴリ:自然 ,月並
今月のお不動さんと弘法さんのお花の写真をUPするのを忘れていました。
松と万両、紅白の梅でお正月の雰囲気にして見ました。この時期は寒い日には花が凍ってしまうのと 野鳥が花や万両の実を食べてしまうので 全て造花にしています。
この週末はまた寒気がやって来るようですが 社務所の前庭の梅の蕾は少し膨らんで ほんの少し春の兆しが見えて来ました。

冬の風物詩

2019-01-17
カテゴリ:自然 
稲荷山の冬の風物詩と言えば「カラスの大群」です。
カラスは冬になると大きな群れを作ります。集団で夜を過ごし 朝に餌を探しに出かけて行き 夕方帰って来ます。朝夕、稲荷山の空いっぱいに飛ぶカラスの姿が見られます。私達はもう慣れっこになっていますが 参拝者には異様な光景に映るようですね。カラス達は 春になると繁殖の為 パートナーと共に散って行きます。
木の葉っぱではありません。カラスです。
泊まったり飛んだりを繰り返します。

新年あけましておめでとうございます。

2019-01-17
カテゴリ:祭典行事
本年も宜しくお願い致します。
あっという間に今年に入ってから もう17日になってしまいました。バタバタしているうちに もう初午の準備ですよ。いつもながら一月はせわしないですね。
今年のお正月も伏見稲荷はなかなかの賑わいでした。連日お天気が良く穏やかなお正月となりました。写真はお正月の本殿の神饌です。伏見稲荷では上の段が赤い紅白の鏡餅をお供えします。昔は赤米で紅白のお餅を作ったと言われますが 今は食紅で染めています。
荒木神社
〒612-0805
京都府京都市伏見区深草開土口町12-3
TEL.075-643-0651
FAX.075-644-0170
TOPへ戻る