本文へ移動

稲荷山より

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

茅の輪を作りました。

2019-06-29
カテゴリ:祭典行事,自然 ,月並
6月26日に茅の輪を作りました。出来上がった途端に 参拝の方がくぐっておられました。
荒木神社の茅の輪くぐり神事は 7月の第一日曜日に行いますので 今年は7月7日です。それまでは自由にくぐっていただけますので どうぞご参拝ください。
茅の輪製作の前後には お花を生けたり 紙垂を付け替えたり 雨の合間に境内の掃除をしたりと 忙しくしております。
今朝は 水溜りでひっくり返っていたタマムシを救出しました。最近では珍しくなった玉虫ですが 今年はちょこちょこ見かけます。少し数が増えているのでしょうか?

梅雨と言えば紫陽花

2019-06-15
カテゴリ:自然 
境内の紫陽花
境内の隅にある紫陽花が咲き始めました。いつもあまり花をつけなかったのですが 今年は葉もよく茂り 大きな花を沢山咲かせています。去年の台風で周りの木が折れたりして 日当たりが良くなったからかもしれません。
ご近所にも色々な色や形の紫陽花が咲いています。紫陽花の原産地は日本ですし 日本人は紫陽花の花が好きですよね。 
下の写真はご近所の「紫陽花コレクション」です。

月末恒例

2019-05-31
カテゴリ:月並
昨日までに毎月恒例の 紙垂の付け替え お花の生け替え 境内の掃除が終わりました。数日前には摂氏30度を越える真夏日でしたが 昨日今日と少し涼しくなって過ごし易い1日でした。
境内には 夏越祭の案内看板も用意しました。。今年は看板に 英語と中国語で夏越祭の謂れを入れましたが 外国の方も読んでくれているでしょうか。

休憩所の屋根修理

2019-05-16
カテゴリ:その他
去年の台風21号で壊れた休憩所の屋根修理が終わりました。新しい銅板を貼ってもらってピカピカに輝いています。少し時間が経つと 落ち着いた色になりますが 今は目に眩しいくらいです。
台風21号の強風で屋根の銅版が捲れ上がってしまい ずっとブルーシートで覆っていたのですが 梅雨を前に修理してもらって一安心です。
仕事をしている間中 職人さんは外国の方の格好の被写体になっていたようで 「照れ臭かった〜」と言ってました。
古い銅板と下地を剥がします。
下地と防水シートを張り直します。
銅板を一枚一枚張っていきます。

毎月恒例

2019-04-28
カテゴリ:自然 ,月並
遂にゴールデンウィーク10連休に入りましたね。昨日から参拝の方が増え始め 今日からは日本人の方が一気に増えて お正月のように賑やかでした。境内の掃除は先日早目に済ませましたし 昨日にお花を生け変えて 今朝は紙垂を付け替えました。
去年の台風で傷んでいたお不動さんの雨樋も やっと新しく付け替えてもらいました。台風による屋根の被害件数が多く 今まで順番待ちをしていたのです。ピカピカの新しい雨樋は 春の日差しに輝いています。
それと 最近話題の猿の親子ですが 子猿が捕獲されたそうです。しかし猿が噛み付く被害は収まっておらず 数日前に伏見稲荷から少し北の泉涌寺でまた被害が出たそうです。伏見稲荷ではこのところ出てきていないのですが 東山周辺ではまだ数頭の猿が出没しています。引き続きご注意下さい。 
荒木神社
〒612-0805
京都府京都市伏見区深草開土口町12-3
TEL.075-643-0651
FAX.075-644-0170
TOPへ戻る